どの生命保険にも、保証期間というのがあります。それは保険が保証される期間という意味で、その期間内であれば何度でも保険金を受け取る事が出来ます。

 
定期保険では10年や20年と期間が短いものが多く、その都度見直しするようになっています。子供が大きくなったら大きな金額の定期保険は必要なくなるので、定期預金はなくす人も少なくありません。逆に医療保険は終身保険に入る人が多く、入院すると一生保証されます。

 
最近では一生保険料が上がらない医療保険が人気となっています。入院や手術をすると何回でも保険金が支払われ、またその保証も一生なので、とてもお得です。

ひまわり
保険やその期間について良く知っておかないと無駄な保険料を支払っているかも知れないので、相談機関などに電話や訪問をして保険の見直しをする事をお勧めします。

 
また保険には終身保険と言って、死亡保証が一生というものがあります。これはいくつで亡くなっても保険金が受け取れるので、せめてお葬式代だけでも残しておきたいという方は百万円や二百万円の保険を掛けている人も多いです。保険金が少ないので、早く入ると保険料もそんなに高くはありません。
ですから、残された家族の為に掛けておくと良いかも知れません。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。