私たちは生活している中で、将来や万が一の時のために、様々な保険を掛けています。目的は色々と異なりますが、医療保障だったり死亡保障だったり、また老後や進学のための貯蓄と多様ですが、その目的によっても選び方は異なります。
 

例えば生命保険ですが、どこを手厚くしたいかやいつまで払い続けるかによっても変わります。種類は非常に多く、保障内容も異なるので、目的を明確にし、自身に合ったものを選択することが重要です。
 

そして保険を解約した際の解約返戻金があるのか、それとも掛け捨てなのかも確認しておく必要があります。例え解約したとしても、それまで支払っていたものが少しでも返ってくるのかどうかでも、家計の負担としてはかなり違ってきます。もちろん月々いくら支払っていくのかというのも大事ですが、後々損しないためにも忘れないようにしたいポイントです。
花01

 

また生命保険には大きく分けて、一生涯の保障を特徴とする終身保険と、一定期間で終了し満期を迎えた際に保険金が受け取れる養老保険とがあります。老後の資金や貯蓄としてお金を受け取りたいのであれば、養老保険を選択するのが良いと言えます。ただやはり満期時に必ず保険金を受け取れる養老保険は、比較的終身保険よりも月々の保険料が割高になっています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。