花02

生命保険にはいくつかのタイプがあり、どれを選ぶかの基準は個々のケースで変わってきます。終身保険や定期保険などで、保障の内容も少しずつ違ってくるからです。もちろん、保険金の受取額やタイミングもさまざまです。

 
中でも注目したいのが、保険料の支払い時期です。これにはいくつかの事項が関わってきます。前述のように終身か定期かによっても違いがあります。例えば終身の場合、最後まで月々払い続けるのか、ある期間だけで終了するのかというケースがあります。定期であれば、はじめに一括して払ってしまうことも珍しくありません。

 
当然ながら、契約満了までに何事もなければ、それ以上は払う必要がなくなります。このとき、返金があるのかどうか、つまり掛け捨てにならないかどうかもプラン次第です。

 
一概には言えないものの、一括などで回数が少なくなるほどに割安になります。少しでも金額を抑えたいときは、まとめて払うようにします。ただし、その分家計の負担になるので、不安なときは無理をせずに分割していった方が無難です。

 
終身払いでなければ、大抵の保険では支払いに期限が設けられています。そこで満期となるのか契約は継続していくのかもまた、加入するプランによって変わってきます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。